グローバル・シーはクレジット取引でのいい投資物件のご紹介ができます。

ご興味のある方は、グローバル・シーに お問い合わせ下さい。

最近の記事
header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

2018年09月09日

NEDO 助成金一覧

ソート:掲載日掲載日件名状況
締切日事業分類
説明会
平成30年
9月7日
「地中熱・太陽熱利用システムインテグレータの育成に求める要件とロードマップ作成に関する調査」に係る実...決定 調査等説明会なし
平成30年
9月7日
「次世代火力発電等技術開発/次世代火力発電技術推進事業/CO2排出削減のための要素技術検討」に係る公...予告 調査等説明会あり
平成30年
9月5日
平成30年度「着床式洋上ウィンドファーム開発支援事業」に係る実施体制の決定について決定 研究開発
調査等
説明会なし
平成30年
9月3日
平成30年度「民間主導による低炭素技術普及促進事業/低炭素技術による市場創出促進事業(実証事業)」に...公募平成30年
10月2日
実証(FT)
調査等
説明会あり
平成30年
9月3日
平成30年度「民間主導による低炭素技術普及促進事業/戦略的案件組成調査」に係る第二次公募について公募平成30年
10月2日
調査等説明会あり
平成30年
9月3日
「高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発/【研究開発項目〔1〕】...公募平成30年
10月3日
研究開発説明会あり
平成30年
8月31日
「アジア省エネルギー型資源循環制度導入実証事業/リサイクル高度化に向けた産業連携可能性の検討」に係る...公募平成30年
9月14日
調査等説明会あり
平成30年
8月31日
「バイオマス・廃棄物を原料として用いた省エネ・低炭素型基幹化成品等製造技術に関する調査」に係る公募に...予告 調査等説明会なし
平成30年
8月30日
「先進的な火力発電技術等の海外展開推進事業/先進的な火力発電技術等に係る導入促進事業/発電プロジェク...公募平成30年
9月28日
普及啓発事業
調査等
説明会あり
posted by Mark at 17:57| Comment(0) | 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

低炭素社会を実現する次世代パワーエレクトロニクスプロジェクト

事業期間:平成21年度〜平成31年度、平成30年度予算:8.0億円

私たちの暮らしが電力に依存している今日、社会の省エネルギー化や低炭素化には、電力変換の高効率化が必要不可欠であり、そこに用いられるパワー半導体デバイスの更なる活用が期待されています。現在、その材料には主にシリコン(Si)が使用されていますが、その性能向上の更なる追求や、炭化ケイ素(SiC)、窒化ガリウム(GaN)等の新材料の活用によって、家電製品から次世代自動車・鉄道・送配電機器まで幅広く搭載されている電力変換器の効率向上や小型化が期待されます。

本事業では、ウエハ、デバイスの更なる高品質化等を図ると共に、自動車、民生機器などアプリケーション毎に要求されるスペックを、最適な材料(Si、SiC、GaN等)、設計技術、実装技術等の組み合わせ、最適な応用システムの構築により実現することを目指しております。


■成果適用のイメージ

成果適用のイメージ

詳細資料

posted by Mark at 17:55| Comment(0) | 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(低炭素型ディーゼルトラック普及加速化事業)の公募について

1.事業内容

  中小トラック運送業者におけるトラックの更新需要をトップクラスの燃費レベルに誘導するため、

 低炭素型ディーゼルトラックを導入する事業について、車両導入経費の一部を補助します。


2.申請受付期間

  平成30年6月11日(月)〜平成31年1月31日(木)

  ※申請にかかる審査は、申込順を基本に行います。

  ※予算額の残額が2割程度に達した場合には、当該日付以降は申込順による審査を行うことはせず、

   当該日付から平成31年1月31日までに申込みのあったすべての交付申請を対象に審査を行います。

   また、予算残額を超える申請があった場合には、抽選により補助事業者を決定します。

  ※申請受付状況は、一般財団法人環境優良車普及機構のホームページで公表いたします。


3.補助要件

  より燃費性能に優れた低炭素型ディーゼルトラックの導入を条件とします。なお、廃車を伴う場合には、

 より高い補助率が適用されます。

・廃車を伴う申請:価格差の1/2の補助率

・廃車を伴わない申請:価格差の1/3の補助率

 ※価格差:低炭素型ディーゼルトラックと標準的燃費水準の車両との価格差

  

4.その他

  詳細については、一般財団法人環境優良車普及機構のホームページをご参照ください。

  http://www.levo.or.jp/fukyu/hojokin/h30_index.html


5.問合せ先

  一般財団法人環境優良車普及機構
  「低炭素型ディーゼル車普及事業」執行グループ
  ・電 話     : 03−5341−4577
  ・ファクシミリ  : 03−5341−4578
  ・メールアドレス : hojokin@levo.or.jp

posted by Mark at 17:54| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平成30年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(平成30年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業他)

平成30年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(平成30年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業他)

<経済産業省:一般社団法人環境共創イニシアチブ

・平成30年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金
 (平成30年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業他)

平成30年度予算案:600.4億円
 (平成30年度概算要求733.5億円、平成29年度672.6億円)


平成30年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業

 ・公募期間:平成30年5月28日(月)〜7月3日(火)※17:00必着

 ・採択発表:平成30年8月末頃予定

 ・予算額:約190億円(「工場・事業場単位」と「設備単位」の合計)

      (平成29年度は約234億円)

 ・公募説明会:平成30年5月17日(木)〜5月25日(金)(全国10会場)

 ※公募情報はこちらをご参照下さい。

30エネ合1-1.png

出典:環境共創イニシアチブHP


平成30年度省エネルギー投資促進に向けた支援補助金20171227.png

posted by Mark at 17:51| Comment(0) | 助成金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

補助金制度内容について - 低炭素投資促進機構

.事業概要

これから低炭素型設備を導入する中小企業者の方々に対し、当該設備の導入・稼働によるCO2の排出削減見込量に応じた助成金を支給します。
    平成24年度温室効果ガス排出削減量連動型中小企業グリーン投資促進事業(2次公募)のPR資料(pdf形式/3.2MB)

2.公募期間

  • 平成24年9月3日(月)〜平成24年10月31日(水)
  • 平成24年11月中旬に交付の決定(予定)

3.助成金額及び計算期間

  • CO2排出削減見込量(トン)(設備稼働開始日から5年分)×4,000円

4.助成対象者

以下の条件を共に満たす方が対象になります。

  • 国内クレジット制度の運営規則に規定する排出削減事業を行う者
  • 自主行動計画に参加していない企業(個人事業主を含む)

5.助成対象設備

以下の条件を全て満たす設備が対象になります。

  • 国内クレジット制度の排出削減方法論を適用できること。
  • 交付決定後に設備導入の契約および工事着工を行うこと。
  • 原則として平成25年3月末迄に設備の稼働を開始すること。

*排出削減方法論は以下のURLをご参照下さい。
  URL:http://jcdm.go.jp/process/methodology.html

6.交付額の確定

助成事業者が申請時に提出する国内クレジット制度運営規則上の排出削減事業計画に対して、
運営規則に定める審査機関が審査報告書を発行し、導入工事完了届出書における設備の導入
に要した経費の明示を受けた後、に交付額を確定します。
*1)助成金の額は助成金申請書に記載した助成金見込額を超えられません。
*2)助成金の額は設備の導入に要した経費の3分の1が上限です。

7.実績報告

原則として、平成26年3月末から平成29年3月末の各年3月末時点及び助成対象期間の
最終日時点の5回に分けて排出削減実績報告を提出し、国内クレジットの認証を受けてください。

8.国内クレジットの取り扱い

  • 当該助成事業により助成対象期間に創出された国内クレジットは、全て弊機構が取得します。
  • 5回提出する実績報告の都度、国内クレジットの認証手続きを行って下さい。

9.助成金の精算について

実際に削減された温室効果ガスの量(実績値)が交付額の算出根拠となった温室効果ガス排出
削減見込量(見込量)を下回った場合、全ての排出削減実績報告書の提出を終えた時点で、
見込み量に対する実績値の割合に応じて助成金を返還していただきます。

10.平成25年度以降国内クレジット制度が継続あるいは新たな制度に承継された場合

新たな制度に則ってクレジットの認証手続きを行い、クレジットの認証を受けてください。

11.お問い合わせ先

〒103−0023
東京都中央区日本橋本町4−11−5 住友不動産日本橋本町ビル6階
一般社団法人 低炭素投資促進機構
グリーン投資業務室
TEL : 03−6264−8019 FAX : 03−6264−8020
E-mail : green@teitanso.or.jp
※平成27年3月より上記に移転しております。

12.1次公募について

posted by Mark at 17:48| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

(社説)温暖化対策 「炭素課金」の検討急げ asahi.com これらを恒久的な制度として拡充し、その代わり、再エネ支援のために発電コストを電気料金に上乗せする「固定価格買い取り制度(FIT)」を縮小していくという発想 ...

(社説)温暖化対策 「炭素課金」の検討急げ
これらを恒久的な制度として拡充し、その代わり、再エネ支援のために発電コストを電気料金に上乗せする「固定価格買い取り制度(FIT)」を縮小していくという発想 ...
posted by Mark at 23:30| Comment(0) | 炭素税 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月10日

補助金

太陽光発電の補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_4
LEDの補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_5
エネファームの補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_6
エコキュートの補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_7
省エネの補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_8
法人公共団体向け:産業用 太陽光発電の補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_9
蓄電池の補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_10
エネルギーマネジメントシステム(HEMSなど)の補助金
→ http://mail.kankyo-business.jp/?4_--_189909_--_29941_--_11

posted by Mark at 09:45| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

まち・住まい・交通の一体的な低炭素社会の実現に向け、国交省と有識者  が支援します  〜モデル構想策定支援事業の提案募集を開始〜

まち・住まい・交通の一体的な低炭素社会の実現に向け、国交省と有識者
 が支援します
 〜モデル構想策定支援事業の提案募集を開始〜
  http://www.mlit.go.jp/report/press/sogo10_hh_000165.html

posted by Mark at 14:07| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

企業の脱炭素化ニーズに応える太陽光発電所を構築 Business & Public Affairs (プレスリリース) (ブログ)

企業の脱炭素化ニーズに応える太陽光発電所を構築
このような状況を踏まえ、NTTファシリティーズは、FITを活用しない太陽光発電所の構築に着手する。既存送配電網を通じて、発電した電力を企業に直接提供するサービスにより、企業の脱炭素化ニーズに応えることを狙いとしている。 また、企業の敷地内に自家消費型の太陽光発電設備を構築し、そこで発電した電力を提供 ...
posted by Mark at 23:19| Comment(0) | FIT価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県長岡市など、低コストの汚泥バイオ発電 日本経済新聞

新潟県長岡市など、低コストの汚泥バイオ発電
新潟県長岡市などは、小規模な下水処理施設で下水汚泥からバイオガスを取り出し発電るシステムの実証実験を市内の中之島浄化センターで実施する。小型化したシステムを使い、従来のシステムより建設費・維持管理費を約4割削減できる。5年程度かけ実証・研究を進め、全国への普及を目指す。 システムは、汚泥を ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ヤマウラ、長野県駒ケ根市に自社で小水力発電
建設業のヤマウラは小水力発電所の運営に参入する。長野県駒ケ根市に発電所を建設し、9月29日から運用を開始する。これまで同社は官民の水力発電の建設を請け負ってきたが、自社で発電所を運営することで設計や建設、維持・管理など、今後の顧客への提案に生かす。 4月から本格的に発電所の建設工事を始めた ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
関電、岐阜・飛騨に水力発電新設
関西電力は19日、岐阜県飛騨市に水力発電所「下小鳥維持流量所(仮称)」を新設すると発表した。最大出力は480キロワット、年間発電量は254万キロワット時を見... (残り:139文字/本文:219文字). (2018/4/20 05:00). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
長野県塩尻にバイオマス発電所、県内の未利用材を2.6万世帯分の電力に
発電出力は1万4500kW(キロワット)で、燃料には間伐材などの未利用材や、木材加工施設から発生する製材端材を年間約14万トン利用する計画。年間発電量は9500万kWh(キロワット時)を見込む。一般家庭約2万6000世帯分の年間使用量に相当する発電量だ。 事業主体となるのは4社の他、グリーンファイナンス推進 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
完売モデル再び、シチズン光発電スマートウォッチ「新エコ・ドライブ Bluetooth」
発電+スマートフォン連携という機能で、2016年に初代モデルが登場したシチズン時計(以下、シチズン)の「エコ・ドライブ Bluetooth(BZ1025-02E)」。世界限定3000本ながら店頭にほとんど並ぶことなく、予約時でほぼ完売してしまうほどの異例の人気となった。 それまでのスマートウォッチというと、バッテリー消費が激しく ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
MHPS、蒸気タービン発電設備 インドネシアで受注
残り:317文字/本文:317文字). ※このニュースの記事本文は、会員登録(無料・有料)することでご覧いただけます。 会員登録する ・ ログインして記事本文を読む ・ 有料会員. 1ID月額4,000円+税で、電子版のすべての機能をご利用いただけます。 無料会員. 有料会員限定記事を月11本まで閲覧できるなど、一部機能をご ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
北海道電、風力60万キロワット分の発電事業者募集
北海道電力は20日から、風力発電事業者の募集を始める。発電力は計60万キロワット分。発電事業者による大型風力設備が対象で、出力が変動しやすい風力発電の安定運用に必要な大型蓄電池の費用約247億円を負担することが条件。2022年度に運用を開始する予定だ。 募集は5月17日まで。事前に実施した意向 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
3号機、発電再開 反原発団体、議論が不十分 知事「安全第一に慎重期して」 /佐賀
県が5日に九電に安全対策を求め、わずか2週間での発電再開となった。山口知事は、これに対して「県民からすると再稼働から間もないうちにこういったことが起こることは、通常考えてみて『しっかり点検したのか』というのが通常の感覚だ」と述べた。そのうえで、九電が専門家の意見を聞き、点検態勢の見直しや配管の材質 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
松浦発電所2号機、工事現場を公開
松浦発電所建設所技術グループの磯部暁宏(としひろ)グループ長は「2号機はエネルギー効率が高く、石炭や液化天然ガス(LNG)などバランスよく電力を供給する意味で貴重な戦力になる」と語った。 九電によると、火力発電所の増設は03年6月に運転開始した苓北(れいほく)発電所2号機(熊本県苓北町)以来。出力100万 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
前橋の水力発電 再始動
カーリットホールディングス(HD)の中核子会社、日本カーリット(東京・中央)は、前橋市の自家用水力発電所の更新工事を終え、18日に竣工・始動式を開いた。式には坂田貞二社長のほか、建築関係者など約50人が出席した。発電した電力は同社の群馬工場(群馬県渋川市)に供給する。 広桃(こうとう)発電所の改修工事 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
蒸気漏れ玄海3号機18日ぶり発電再開 九電
蒸気漏れ玄海3号機18日ぶり発電再開 九電, 九州電力は18日、蒸気漏れトラブルで停止していた玄海原発3号機(佐賀県玄海町)発電と送電を再開したと発表した。発送電再開は3月31日の停止以来、18日ぶり。当初4月下旬を予定していた営業運 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
棺桶を発電に利用、エコ目的に500基を燃やす―中国
江西省で、住人男性が当局に寄贈した棺桶500基がエコ発電用の施設で燃やされた。写真は中国の墓地。 中国新聞社など中国メディアは17日、江西省北部の○陽県(○は「番」におおざと)で15日、住人男性が当局に寄贈した棺桶500基が、エコ発電用の施設で燃やされたと報じた。 記事によると、男性は県当局が進めて 
posted by Mark at 22:45| Comment(0) | いい情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする