グローバル・シーはクレジット取引でのいい投資物件のご紹介ができます。

ご興味のある方は、グローバル・シーに お問い合わせ下さい。

最近の記事
header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

2009年01月02日

平成20年度 温室効果ガス排出量算定方法検討会

http://www.env.go.jp/earth/ondanka/santei_k/20_01/index.html


日時:平成20年10月2日(木)17:00〜19:00
場所:経済産業省別館1012号会議室(10階)

− 議事次第 −

1.開会
2.議事
 (1)温室効果ガス排出量算定方法検討会の進め方について
 (2)第1約束期間におけるインベントリの審査について
 (3)主要な検討課題について
 (4)その他
3.閉会
【配付資料】 「温室効果ガス排出量算定方法検討会」委員名簿 [PDF 53KB]
座席表
資料1 平成20年度温室効果ガス排出量算定方法検討会の進め方 [PDF 117KB]
資料2−1 第1約束期間におけるインベントリの審査について(概要) [PDF 76KB]
資料2−2 第1約束期間におけるインベントリの審査について [PDF 167KB]
資料3 主要な検討課題(案) [PDF 90KB]
参考資料1 温室効果ガスインベントリ確定値・速報値の発表早期化に向けた統計の早期取りまとめについて(地球温暖化対策推進本部幹事会申合せ) [PDF 75KB]
参考資料2 京都議定書の不遵守の疑義が生じた附属書I国(ギリシャ・カナダ)に関して [PDF 134KB]
参考資料3 これまでの温室効果ガス排出・吸収量算定に関する経緯 [PDF 215KB]
参考資料4 日本国の割当量に関する報告書 [PDF 1,035KB]
参考資料5 日本の温室効果ガスインベントリ2006年提出分に対する個別審査報告書 [PDF 398KB]
参考資料6 日本の割当量に関する報告書に対する審査報告書 [PDF 495KB]
参考資料7 2006年度(平成18年度)の温室効果ガス排出量(確定値)について [PDF 587KB]
posted by Mark at 23:46| Comment(0) | CO2削減 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。