グローバル・シーはクレジット取引でのいい投資物件のご紹介ができます。

ご興味のある方は、グローバル・シーに お問い合わせ下さい。

最近の記事
header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

2010年04月13日

地球温暖化防止対策の一つとして創出されたカーボン・オフセット市場

地球温暖化防止に向けた世界的な取り組みが行われているなか、国内では
産業部門に比べて、1990年比でCO2排出量が増加している家庭部門への対策
として、環境省が2007年7月からカーボン・オフセットの普及を推進したこ
とを背景に、同年カーボン・オフセット市場が創出された。当該市場ではカ
ーボン・オフセットのためのクレジットが取引されるが、市場を通じて購入
したクレジットは転売されず、償却(日本国内の排出量を取り消す)、また
は取り消し(自らの排出量の相殺)を前提としている。また、政府が2011年
度から実施を検討している排出量取引とは異なり、罰則規定などがなく、企
業や一般市民が自主的に参加できることが特徴である。

 ◆2008年度国内カーボン・オフセット市場は515,500t-CO2の排出量取引、
   事業者(オフセットプロバイダー)取引金額ベースで22億400万円

 ◆京都クレジットは国内排出量取引、
   事業者(オフセットプロバイダー)取引金額ともに約9割

◇詳細は“YRIマーケットNow!”
「カーボン・オフセット市場に関する調査結果 2009」
http://c.ams1.jp/?e=6W5zH98FopwPe8Trsbr

◇発刊資料
急成長する温室効果ガス排出量取引ビジネスの実態と展望(2009/12発刊)
http://c.ams1.jp/?e=6W5zH98FopwPe9drsbZ
posted by Mark at 15:41| Comment(0) | カーボン・オフセット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。