グローバル・シーはクレジット取引でのいい投資物件のご紹介ができます。

ご興味のある方は、グローバル・シーに お問い合わせ下さい。

最近の記事
header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

2018年01月24日

2018-1-24

山村を消滅から救う「小水力発電」とは何か
その経験を通し、再生可能エネルギーの中でもとくに「小水力発電」が、山村(山間地)を救う起爆剤になると考えております。 皆さんもご存じのように、日本の山村の多くは消失の危機にありますが、地域で小水力発電業を起こせば、自前の安定収入を得て経済循環を生みだすことができます。 『小水力発電が地域を救う』でも ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
中国主導の太陽光発電産業に打撃、米セーフガード発動−コスト増
ブルームバーグ・ニューエナジー・ファイナンスの試算では、セーフガードが発動されれば米国の公益事業レベルの太陽光発電のコストは10%増加し、家屋の屋根に設置する太陽光パネルのコストは3%増となる見込み。GTMリサーチは、向こう5年間で米国内の太陽光パネル設置が11%減ると推定した。しかし、太陽光発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
滝上バイナリー発電所が新エネ大賞の最高ランク「経済産業大臣賞」を受賞!
出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆、以下当社)の100%子会社である出光大分地熱株式会社(社長:竹中 照雄)の滝上バイナリー発電所が一般財団法人新エネルギー財団が主催する平成29年度新エネ大賞において、最高ランクとなる「経済産業大臣賞」を受賞しましたので、お知らせします。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
バイオマス発電に着手へ 南伊豆、22年度開始
南伊豆町と同町南上財産区管理会、自然エネルギー発電事業のエジソンパワー(東京都)などは、同町で木材バイオマス発電事業に着手する。広葉樹を熱処理してガス化し、タービンを回して発電するシステムで、2022年度の送電開始を目指す。 町によると、全国でも珍しいガス化方式の発電ユニットを導入。間伐などによる ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大和ハウスが愛媛県に16MWの風力発電所、送電設備を山林の地中に
大和ハウスグループの大和エネルギー(大阪市)は、愛媛県西予市に風力発電所「DREAM Wind愛媛西予」の建設に着手した。同発電所は発電出力1万6000kW(キロワット)で、予定発電量は約8000世帯分に相当する年間約3万5000MW(メガワット)とする。2019年11月から発電を開始する予定だ。総事業費は67億円。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
大阪ガス、三重でバイオマス発電
... □大阪ガス 22日、三重県松阪市でバイオマス発電事業に参加したと発表した。今月1日に稼働した、未利用の間伐材を燃料に使い地元向けに電… [有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。 日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで! 無料・有料 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
砂防ダムで小水力発電を建設、日本工営グループと山形県大蔵村
日本工営グループは、山形県銅山川の舛玉(ますだま)砂防堰堤を利用した出力490kWの小水力発電所を建設する。日本工営の100%子会社である工営エナジー(東京都千代田区)、山形県大蔵村、もがみ自然エネルギー(山形県新庄市)の3者が共同出資し、特定目的会社(SPC)「おおくら升玉水力発電株式会社」を設立 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
木質バイオマス発電
木質バイオ発電は県内4基目で松阪市内では2基目。従来とは違い、木の皮や根も燃やせる直接燃焼方式を採用している。 完工式で北角代表取締役は「環境保全、林業振興、地域雇用を生み出す資源循環型経済を発展させたい」とあいさつ。竹上真人市長は「松阪に2基の木質バイオ発電が並んだ。地域経済の発展を期待し ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
日本郵船、欧州完成車ターミナルで風力発電
周辺環境に配慮した上で、風力発電に適した一画に発電機を設置し、ターミナルの運営に支障をきたすことなく効率的な発電を行う。日本郵船では、ほかの完成車ターミナルでも太陽光発電パネルを設置しているほか、港湾用LED照明の導入、洗車用水の100%再利用など、環境に配慮した運営を行っている。
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
長崎県佐世保市宇久島での太陽光発電事業の検討に関する進捗
社長:坪井 晴雅、以下坪井工業)、及び株式会社十八銀行(本店:長崎県長崎市、頭取:森 拓二郎、以下十八銀行)とともにお知らせいたします。 本事業は、2013年4月より、ドイツに本拠を置くプロジェクト開発会社であるフォトボルト・デベロップメント・パートナーズ社(英文表記:Photovolt Development Partners GmbH、 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 ウェブ 
 
最大出力480MWの営農併設型太陽光発電計画 長崎県佐世保市宇久島での太陽光発電事業の検討に
株式会社九電工(本社:福岡県福岡市、社長:西村 松次、以下九電工)、京セラ株式会社. (本社:京都市伏見区、社長:谷本 秀夫、以下京セラ)及び株式会社みずほ銀行(本店:東. 京都千代田区、頭取:藤原 弘治、以下みずほ銀行)は、2014 年 6 月より長崎県佐世保市宇. 久島において、最大出力 480MW の太陽光発電 ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
トルコ太陽光発電大手イノソーラー、独ソーラーワールドと共同で工場建設へ
トルコの太陽光発電エンジニアリング・送電大手イノソーラーは、独太陽電池大手ソーラーワールド・インダストリーズとの提携関係を強化し、トルコのアナトリア半島にソーラーワールドの太陽電池セル・モジュール(太陽光発電システムの中核製品)を使ったソーラーパネル(太陽電池パネル)の生産工場を共同で建設することで ...
Google PlusFacebookTwitter関係のないコンテンツを報告
 
 
ソーラーシェアリング発電所用地にて地鎮祭を執り行いました
高周波無線機器の開発・製造までを一貫して対応する多摩川電子、再生可能エネルギーの企画、保守管理業務を実施する多摩川エナジー、自社保有でのメガソーラーや小型風力の発電所運営管理を行うGPエナジーの親会社です。再生可能エネルギー領域について
【関連する記事】
posted by Mark at 21:59| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。