グローバル・シーはクレジット取引でのいい投資物件のご紹介ができます。

ご興味のある方は、グローバル・シーに お問い合わせ下さい。

最近の記事
header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

2020年08月20日

未来社会を支える温暖化対策技術シンポジウム in 関西 〜ビヨンド・ゼロの実現に向けて〜を開催します。

本シンポジウムでは、加速する国際的な温暖化対策・長期戦略を踏まえ、
今後の政策立案や技術の実用化推進に役立つ知見を広く提供することを目的
とし、当機構の最新の研究開発成果についてご報告いたします。
 地球環境問題に取り組んでおられる研究者、技術者の皆様をはじめ、ご関
心をお持ちの多くの皆様のご参加をお待ちしております。

▽開催日時
 2020年9月24日(木) 13:00〜17:35(受付開始12:30)

▽会場
 大阪科学技術センター 大ホール(サテライト会場:中・小ホール)
 大阪府大阪市西区靱本町1-8-4

▽参加費
 無料

▽申込締切
 2020年8月31日(月)
 【新型コロナウイルス感染症対策について】
 感染拡大防止のため会場の定員数が少なくなっており、お申込みいただい
 た方全員にご参加いただけない可能性があります。お席が確保できた方に
 は9月初旬にメールにて「参加案内」をお送りいたします。

▽プログラム
 12:30 受付開始

  13:00 開会挨拶
           専務理事  本庄 孝志

  13:05 来賓挨拶
           近畿経済産業局 資源エネルギー環境部長  杉山 佳弘

 13:10 特別講演
     温暖化対策とエネルギー産業
      国際大学教授  橘川 武郎

 13:55 基調講演
     イノベーションが拓くエネルギー・環境の新時代
      RITE副理事長  山地 憲治

 14:15 最終需要における技術革新と社会変化による温暖化対策の可能性
      システム研究グループリーダー  秋元 圭吾

  14:55 休憩

  15:10 バイオエコノミー社会の実現を目指したグリーンバイオプロセスの開発
      バイオ研究グループリーダー  乾 将行

 15:50 CCUS/カーボンリサイクル推進に向けたCO2分離回収技術開発の展開
      化学研究グループ副主席研究員  余語 克則

 16:30 CO2地中貯留の実用化に向けての安全管理技術開発の取り組み
      −海域CO2貯留における海洋環境影響評価−
      CO2貯留研究グループリーダー  薛 自求

 17:10 無機膜を用いたカーボンリサイクルへの取り組み
      無機膜研究センター主任研究員  瀬下 雅博

 17:30 閉会挨拶
           常務理事  河上 豊

▽お申込み等
 以下のホームページをご覧ください。
http://www.rite.or.jp/news/events/2020/07/2020924.html/

▽主催
 (公財)地球環境産業技術研究機構
posted by Mark at 21:53| Comment(0) | イベント・セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。