グローバル・シーはクレジット取引でのいい投資物件のご紹介ができます。

ご興味のある方は、グローバル・シーに お問い合わせ下さい。

最近の記事
header_logo.GIF

海外から長期に渡り固定価格でバイオマス原料を供給できます。

気楽にグローバル・シーにお問い合わせください。

2020年01月20日

環境省 インドネシアにおける二国間クレジット制度(JCM)のクレジット発行について ---日本政府として8,837トンのクレジットを獲得しました。

 http://www.env.go.jp/press/107392.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1月10日、日本とインドネシアの間で実施される二国間クレジット制度(JCM)の下、3件のプロジェクトからクレジットの発行が決定されました。今回発行されたクレジットの量は合計で17,673トンであり、日本政府として8,837トンのクレジットを獲得しました。

今後も、優れた低炭素技術等による世界全体の温室効果ガスの排出削減を実現するため、JCMをより一層推進していきます。


○プロジェクトからのクレジット発行状況

プロジェクト名:高効率ターボ冷凍機によるショッピングモールの空調の省エネルギー化

発行が決定されたクレジット量:252トン

うち日本政府の獲得分:126トン


プロジェクト名:製紙工場における省エネ型段ボール古紙処理システムの導入

発行が決定されたクレジット量:16,177トン

うち日本政府の獲得分:8,089トン


プロジェクト名:省エネ型織機導入プロジェクト

発行が決定されたクレジット量:1,244トン

うち日本政府の獲得分:622トン


──────────────────────────────

≪お問合せ先≫

環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室

posted by Mark at 11:43| Comment(0) | 国内クレジット(CDM)制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月31日

J−クレジット制度セミナー  〜国際的な気候変動イニシアティブの動向から読むビジネスリスクと機会〜

日  時  2019年9月10日(火) 14:00〜16:30

場  所   中之島ダイビル 4階 会議室1(大阪市北区中之島3−3−23)

定  員  80名(先着順 事前登録制)

参 加 費  無料

主  催  経済産業省 近畿経済産業局

プログラム 

・国際的な気候変動イニシアティブの動向から読むビジネスリスクと機会

PwCサステナビリティ合同会社 横田智広氏)

・地球温暖化対策とJ-クレジット制度(経済産業省)

J-クレジットの創出と活用事例(制度事務局)

 ・J-クレジット創出関係書類の作成方法及び審査対応(日本テピア株式会社)

 ・個別相談会 等


お問合せ・お申込み先

制度セミナー事務局(日本テピア株式会社)

TEL:06-6479-3601

FAX:06-6479-3602

Email:j-cdm@tepia.co.jp


お申込み(お申込期限:9月2日(月))

  ○以下のいずかの方法で期限までにお申込み下さい。

  1.下記の出席連絡票にご記入の上、Eメール又はFAXにてお申込み

  2.下記の出席連絡票の内容を記載したEメールにてお申込み


ご案内チラシと出席連絡票はこちら↓

http://www.tepia.co.jp/seminar/jcre_seminar_registration_form2019.pdf


posted by Mark at 23:06| Comment(0) | 国内クレジット(CDM)制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

国内クレジット制度 活用支援説明会

http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf09/091127credit.pdf
┃−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
┃ いまや大企業だけでなく、中小企業においても避けられない課題となり
┃つつある地球温暖化問題。“省エネ化”を通してCO2などの温室効果ガス
┃の排出を抑制する「低炭素経営」を目指すことは、コスト削減や業績改善
┃を実現する絶好の機会にもなります。  
┃ 本説明会では、省エネルギー・地球温暖化対策の支援策である「国内
┃クレジット制度」の概要と、同制度を活用して設備更新に取り組む中小企業
┃を支援する事業についてご説明いたします。
┃ 皆様のご参加をお待ちしております。

┃日時:11月27日(金) 14:00〜16:00 
┃場所:大阪商工会議所 地下1階 1号会議室 
┃    http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html
┃参加費:無料(満席でご参加いただけない場合のみ、事務局よりご連絡申し上げます。)
┃定員:220名(先着順)
┃内容:「国内クレジット制度について」
┃   「国内クレジット制度の活用支援事業について」 
┃講師:経済産業省ご担当官(予定)
┃   日本商工会議所ご担当者(予定)
┃申込:下記ホームページより申込書をダウンロードの上、FAXよりお願いします。
┃     http://www.osaka.cci.or.jp/b/pdf09/091127credit.pdf  
┃ FAX:06-6944-6249 
┃問合:大阪商工会議所 経済産業部 産業・技術振興 担当:上田・米道
┃    TEL:06-6944-6300
┃主催:大阪商工会議所
posted by Mark at 14:19| Comment(0) | 国内クレジット(CDM)制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月21日

省エネルギー・地球温暖化対策のための 「国内クレジット制度」 活用支援説明会

http://r26.smp.ne.jp/u/No/95480/fcPGk1H7ci0D_103395/1127_creditseido.html

====================================================■□■

いまや大企業だけでなく、中小企業においても避けられない課題と
なりつつある地球温暖化問題。企業が地球温暖化対策に取り組むことは、
環境と社会に対する貢献という観点からも重要ですが、二酸化炭素などの
温室効果ガスの排出を抑制する「低炭素経営」を目指すことは、コスト
削減や業績改善を実現する絶好の機会でもあります。

本説明会では、省エネ化を通じて・地球温暖化対策の1つである
「国内クレジット制度」の概要、および同制度を活用する中小企業への
費用負担を支援する事業についてご説明いたします。

◎こんな方に最適です!
・燃料費を削減したい
・生産システムを改善したい
・地球温暖化防止に貢献し、自社のイメージアップを図りたい


◆日 時: 平成21年11月27日(金)14:00〜16:00

◆会 場: 大阪商工会議所 地下1階 1号会議室(大阪市中央区本町橋2-8)
    http://www.osaka.cci.or.jp/Shoukai/Map_Tel/shozaichi.html

◆内 容:
 1.「国内クレジット制度」について
     講師:経済産業省ご担当官(予定)
 2.「国内クレジット制度」の活用支援事業について
     講師:日本商工会議所ご担当者(予定)

◆参加費: 無料(大商会員・非会員を問わず)

◆定 員: 220名
      ※先着順、定員になり次第締め切らせていただきます

◆詳細・お申込みについては下記HPをご覧ください。
 http://r26.smp.ne.jp/u/No/95480/fcPGk1H7ci0D_103395/1127_creditseido.html

■お問合せ先:
 大阪商工会議所 経済産業部 産業・技術振興担当 
 TEL:06-6944-6300 FAX:06-6944-6249

posted by Mark at 03:40| Comment(0) | 国内クレジット(CDM)制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

カーボン・オフセット推進ネットワーク(CO-Net)設立総会の開催について

http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11017

温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度による平成19(2007)年度温室効果ガス排出量
の集計結果の公表について(お知らせ)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11016

posted by Mark at 15:44| Comment(0) | 国内クレジット(CDM)制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする